タラソテラピーで季節のケアー

年末の忙しい時期に入る前に、完全な身体のケアーは大切です。季節の変わり目に気管支の弱い私は、ケアの為に週末を利用してのタラソテラピーへ。
海辺の気候や自然の効用をとり入れた治療法が「タラソテラピー」ですが、特に気管支喘息やアトピー性皮膚炎に効果があります。
タラソテラピーは、美肌や痩身効果の美容だけではなく、健康維持や疲労回復にもたいへん効果的です。フランスでは、一部の施設で保険制度が21日間も適用されるほど効果が認められています。環境変化が体の調子を整え健康を増進させる、転地療法。通常は、滞在5~6日で効果が出て、活発になりますが、忙しい私には週末だけでも十分効果があります。理想的な転地効果を得るには、100km以上離れた場所に、4~5日から1週間程度滞在するのがよいとされています。ここ、蒲郡までは東京から約300キロ。十分転地療法になります。リラックスした気分でゆったりと呼吸しながら、海のミネラルを取り入れられます。
まず、大好きな「タラソプール」を楽しみます。 海の海水を体温と同じに温めたプールの水ですが、このプールで、浮力、抵抗、水圧、ジェットなどを活用し、15のゾーンを巡ります。プールのコースを水中歩行する運動療法的なプログラムなのですが、海水の浮力のため、水圧や自分の体重を気にせず、歩け、同時にジェットバスなどの効果でプールの中で全身が解れます。

タルゴ ラグーナ予約センター(10:00~20:00)年中無休 0533-58-2888